サロゲートパートナー

夫婦問題や性についての悩みをサロゲートパートナー(代理恋人)が解決いたします。

自己と自我という話を以前にもこのブログでしたことがあるような気がしますが、今日はもう少しわかり易く説明しようと思います。


その前にこの自己と自我という言葉自体が適切なのかどうかというところから始めたほうがいいのかも知れませんが、それに関してはまたいつか考えることにします。


自己とは本来の自分、素の自分、固定観念や刷り込みなどがない自分だと思ってください。


対して自我とは生まれてからこれまでの間に入って来た情報から生きるために必要なバリアーのようなものをまとった状態だと考えるといいと思います。


以前書いた「エゴマーク」というタイトルの記事にもあったように、生まれるとすぐにエゴが体に発生します。


赤ちゃんがお母さんの乳首を吸いながら反対側の乳首を触るのは、自分がそれを独占したいというエゴから発生する行為だと分析する学者もいます。


生きるために食料を確保したいという気持ちまでもエゴだとして、それがいけない行為だと決め付けることは出来ませんが、そのことが原因でいざこざが起きる可能性は十分あります。


ケーキの大きい小さいが原因で喧嘩する兄弟とは少し違うかもしれませんが、ささいな執着心が大きな問題に発展することはよくあることだと思います。


兄や姉と一緒に暮らしている一人の人間なのに自分の分け前が少ないということや先に生まれたせいで我慢を強いられるなど、自分の責任ではないのに扱いにおいて不満が残ることがあります。


兄弟間の格差だけでなく、隣のAくんとの比較や親戚のB兄さんとの比較など、自分に関係の無い基準を勝手に持ち出され比べられたりもします。


そのような環境で育ち、やがて社会人となるのですが、それからは人との比較に加えて社内ルールであったり、社会人としてのエチケット、ノルマなどというものが、のしかかってきます。


結婚すればまた別の要素が自分を覆っていくのです。


生まれてから今までに覆われてきたものが、形となって車になります。


自我とはその車に乗った状態のことで、自己とは車から降りて一人で歩いている状態だとイメージできます。


車を構成している部品の中には無くなれば動かなくなってしまう重要な部品もあればあればいいけど無くても走行自体にはまったく問題のない部品もあります。


悩みを抱える人たちはほとんどそういった部品に対していらいらしたり、おどおどしたりしています。


気持ちよく動いているときはいいですが、道幅が狭くなったり混雑してくるとまたまたいらいらしてくるのです。


全ては車に乗っているせいだということを忘れてしまっています。


ハンドルを握り、方向を決めるのも自分だし、アクセルやブレーキを使って速さをコントロールするのも自分です。


また車から降りることも自分の意思で出来るのです。


疲れたときに優しい言葉をかけて欲しいという欲求は誰にもあるだろうと思います。


その言葉は車でいうとガソリンなのかも知れません。


車に乗っている限りガソリンは必要ですが、スタンドまで行かずに誰かに入れてもらうのを待っている人もいます。


僕は車に乗らない生活を目指しているのですが、降りられないという人はせめて自分にあった車に乗り換えるか、動く仕組みや構造を理解することが必要だと思います。


とにかく運転手は自分だということを意識してください。



12月2日より九州に行きます。詳細はこちら。


友達に追加すると友達限定イベントなどをご連絡いたします。

友だち追加



メール無料相談について。



■はじめて訪問された方へ

■カウンセリングについて

■施術希望の方

■施術をされた方の感想

■前田貴久になる方法

■質問・ご意見・お問い合わせ

※gmailから届くようにドメイン解除をお願いします。



このブログ、サロゲートパートナーについて。


サロゲートというのは代理という意味で、施術を始めたころにパートナーから女性扱いされてもらえない女性が失った自尊心を、一時的に恋人となって回復して欲しいという思いから立ち上げました。


また当初は障がい者を対象として始めようと思っていました。


障がい者は、性に関する問題を表に出すことすら自由に出来ないという状況があるため、そちらをメインテーマにしていたのです。


実際サロゲート・パートナーという言葉も「セックスボランティア」という障がい者の性を扱った本で知りました。


残念ながら障がい者の方からの依頼はまだ数人ほどしかないので、想像の域を出ていないのですが、これまで施術をさせてもらって自分なりに考えてみたところ、自尊心の回復を目指すよりも自尊心などというものを持たない方が、いいのではないかと思うように自分の中で変化しています。


自尊心はプライドなどと同義的に扱われますが、どうもその響きは他人ありきで成り立っているような気がするからです。


言い換えると他人の評価があって初めて鮮明に形作られているようなものなのかと思います。


だから人に傷つけられるようなことにもなってしまいます。


名誉毀損で裁判とかしょっちゅう起きていますが、自分のことを他人からとやかく言われてそんなに目くじらたてる必要があるのかと思ってしまうのです。


逆にそういった行動をとるということが、自分の価値を下げているような気がしますし、時間とお金の無駄遣いです。


僕は、最近相談していただいた方宛のメールに「自惚れ」が大事ですよと、なにも考えずに書いて返信したのですが、自分に惚れるってなんていい言葉なんだろうって自分の言葉に酔っていました。


自惚れもここまでくるとアートになるんじゃないかなって思います。


本当の恋人であっても代理であってもその瞬間には間違いなく恋人であると思います。


相手がどう思うよりも自分自身の気持ちに素直になればそれだけで成立していると究極の自惚れで、恋愛を成立させてもいいはずです。

よかったら一度一緒に自惚れを楽しんでみませんか。


zenkokusyuttyou

友達に追加すると友達限定イベントなどをご連絡いたします。

友だち追加



8080122b.jpg
メール無料相談について。



7月のある雨の日。

僕が大学生のときにアルトサックスを衝動買いしたきっかけになった本多俊之さんのライブに行きました。

梅田にある老舗のライブハウス「ロイヤルホース」に向かいます。
地下鉄の東梅田駅から地下街へ。
イメージ 1

泉の広場方面へ向かいます。
50年近い歴史をもつこの場所は、すでに立ち入り禁止となっていました。
イメージ 2

ミナミの虹の街とキタの泉の広場は、昭和を代表する場所だったので、感慨深いものがあります。

横にある階段で地上に上がると傘が波のように重なっていました。
イメージ 3

曽根崎東の交差点を渡ると梅田ピカデリーがあります。(今はCLUB PICCADIRY UMEDA OSAKAと言うみたいです)
イメージ 4

その建物を横目にミナミへと歩くと、GOさんがいました。(今は郷というみたいです)

ロイヤルホースの看板も見えてますね。
イメージ 5

今年で44周年の老舗ジャズレストランです。
イメージ 6

イメージ 7

お目当ての本多俊之さん。
イメージ 8

4人でのスペシャルセッションのようです。
イメージ 9

午後6時に予約を入れていたのですが、少し早めに着きました。
店内に入り、受け付けて予約名を告げると席に案内してくれました。
イメージ 10

僕と同じく一人で来られている方も多かったのですが、相席のようになっている人もいて、丸テーブルを独り占めできてラッキーです!

店内はこんな感じ。
イメージ 11

イメージ 12

右手の奥には、カウンターもあり、かなり広いお店です。

予約のメールの際にフルコースを注文していたので、白ワインのフルボトルをとりあえず注文。

時刻は、5時50分。
イメージ 13

くつろぎたかったので、腕時計をはずしました。
靴も靴下も脱ぎたい気分です。

ワインも登場。
今日は、本気で飲みます!
イメージ 14

ほどなくして、何かが運ばれてきました。説明を受けたんですが、忘れました~。
オレンジを生ハムで巻いてます。
イメージ 15

続いてオードブル。
カツオのタタキみたいなのと、アボガドとまぐろと貝柱のカナッペみたいなの。
イメージ 16

イメージ 17

で、スープ。
かぼちゃの冷製スープです。かぼちゃ感がゼロだったのですが、バニラアイスの甘さをとった感じで、とてもおいしかったです。
イメージ 18

※写真のサイズが変わってしまってすみません。途中でカメラのバッテリー切れのため、この後はタブレットで撮影しています。

この時点では、まだ演奏が始まってません。
お客さんもぜんぜんまだでした。
イメージ 19

サックスが輝いてます。
イメージ 20

赤シャツの人が本多さんだとばかり思っていて、30数年前のイメージとぜんぜん違っていたので、年月が経ったな~としみじみ思いながら、スープをすすっていました。
イメージ 21

当時は毛がふさふさだった気がするのですが。。。

ワインをぐびぐび飲んでいるとパンと魚料理が出てきました。
イメージ 22

タラのアクアパッツァだったような気がします。
イメージ 23

冷蔵庫の済みで忘れ去られたようなレモンの輪切りが気になりました。
イメージ 24

レモンに注意を惹かれている間にいつの間にか本多さんがスタンバイしていました。
イメージ 25

僕が本多さんだと思っていた人は、ドラム担当のかたでした。本多さんは、30数年前とほとんど変わっていませんでした。

ある意味びっくりです!

オープニングは、ドラムのかたの誕生日だったようで、お洒落なハッピーバースデーでした。

その後、1時間ほどで1部の終了となり、休憩が入りました。

知らない曲ばかりでしたが、とても感動しました。

休憩中にトイレへ。
イメージ 28

イメージ 29

中に入るとすでにドラムの赤シャツさんが利用中。
仕方が無いので、隣で用を済ませました。

ドラムもすごかったので、「感動しました!」と一言いうと、ありがとうございますと渋い声で返していただきました。

まったくの他人とトイレで話したのは、初めてです。

かなり高揚しながら席に戻りました。
いい演奏と白ワインのせいもあり、調子に乗って、ビールと赤ワインを注文。
イメージ 26

肉料理は、鴨肉のローストでした。
イメージ 27

2部の演奏曲の中に、僕が聞きたかったマルサの女のテーマがありました。

最後は、アンコールがあり、激しい曲を店内のお客さんがリクエストして終了となりました。

メール会員特典で、テーブルチャージやフルコースが割引されていて、全部で16000円ほどでした。

アルコールだけで7000円ほどになるので、かなりお得だったような気がします。

出演者によって、テーブルチャージの金額が変わってくるのですが、世界的有名なアーティストなども参加されているので、興味のあるかたは、ロイヤルホースさんのHPをご覧ください。


おまけ

デザートです。
イメージ 30

店を出たら9時30分でした。
イメージ 31

イメージ 32

マルサの女
※店内で撮影したかったのですが、誰も撮影していなかったのでyoutubeで!




イメージ 2

友達限定のお茶会や懇親会情報をお届けします。ぜひ友達に追加してくださいね。

初回お試しコース(80分) 8,000円より

施術予約は、メールまたは電話でお願いします。(24時間受付)
メール:takahisa69@gmail.comgmailからの返信が受けられるように設定をお願いします。)
電話:080-9521-0504

↑このページのトップヘ